教義学と聖書学     −教会と神学の関わり−」                 

  川上純平     1998 326

 

 

 

 

言うまでもなく、教義学は聖書学ではない。また同様に、聖書学も教義学ではない。そして、以下に述べることは、この二つの学問のかかわりに関することについてのものである。

  教義学とは、組織神学の中に含まれる、キリスト教の教えについての学問である。それは、聖書全体の内容を圧縮したものと言って良い。最初、教義学は、聖書の時代においては、もちろん存在しなかったのだが、その前提となるものの一つは、新約聖書が文書として、だいたい成立した頃に、「イエス・キリストに対する信仰告白」という形で現れ始めた。新約聖書において、イエス・キリストに対する信仰告白は、もちろん、登場するのであるが、それは、文書として聖書が出来上がった頃に聖書に加えられたものある。そして、新約聖書に登場する人物が活動していた頃に、信仰告白(たとえば、「イエスは主なり」という言葉)があったかどうかは、多くの学者の間で、疑問視されている。これも、聖書学と教義学とのかかわりである。

  もし、新約聖書が文書として成立していなかったのなら、イエス・キリストに対する信仰告白も、存在しなかったであろう。そして、信仰告白が「使徒信条(「教義学の主要問題を研究する基礎的本文」(1)でもある)」という形で現われるのは、実はかなり後のことである。それは、教会の伝承、教会の会議で、聖書が文書となり、正典となる共に、作成されていったものである。

聖書学も、教義学も、人間のなすわざであり、聖書も信条も、人間のなすわざによるものである。そして、その文書の中に、人々が宣べ伝えようとした言葉が書かれているのであり、そこから、「神の言葉」を導き出すことができる、と言う学者もいる。

  聖書学と教義学は、かなり深い関係にあり、かつ同一視することのできないものであり、『どちらが優れているか』等と言うことはできないのである。

 

 



(1) カール・バルト著、安積鋭二訳、『カール・バルト著作集8 われ信ず 使徒信条に関する教義学の主要問題』

1983年(第1版第7刷)、230頁。