論文『礼拝論 ‐キリスト教会における礼拝について』

川上純平    改訂版 2012/08/06初版 2007/10/12  

 

 

  

第1章 キリスト教会における礼拝とは何か

(1)聖書において

(2)教会史において

(3)現在の日本キリスト教団の礼拝式順と「礼拝」を成立させるもの

第2章 礼拝における聖礼典とは何か

(1)聖礼典について

(2)洗礼について

(3)聖餐について

第3章 現代における礼拝の可能性と問題

(1)礼拝の可能性について

(2)礼拝の諸問題について

結 論

参考文献目録

  論:「コリントの教会における聖餐 ‐特に、未信者が聖餐にあずかることについて

 

 

 キリスト教の礼拝は元来、聖書が語る神に対する礼拝である。それは聖書の証言と教会の伝統を拠り所として行なわれてきた。現代のキリスト教会の礼拝も、そのようにして行なわれてきているのであるが、それゆえ、多様性に満ちているという特色を持つと同時に、一方で、礼拝の形式化へと進む傾向もあり、可能性と諸問題も存在する。

 それでは、基本的にキリスト教会における礼拝とは何なのか?どのようにして礼拝を行なうべきなのか、また、現代において、どのような可能性と問題があるのか、そのことを本論文においては、聖書時代から現代に至るまでの歴史を通して考えてみたく思い、聖礼典についても触れることにする。また、参考のために付論として「コリントの教会における聖餐 ‐特に、未信者が聖餐にあずかることについて」を付け加えておいた。

 

 

 

※この論文は20071012日に自らのホームページに載せたものを訂正、補足した改訂版である。

 

もどる