雑記帳(]W)                       

 

川上純平         2019・4・2〜

 

 

2019年4月2日(火)

 

先日、「キリスト教神学のページ(T)」に20世紀スイスの神学エミール・ブルンナーについての概説を載せました。彼は神学者カール・バルトを理解するにあたっての重要な神学者の一人でもあります。このサイトの中でも、しばしば登場する神学者なので追加して紹介説明文を載せた次第です。

そのカール・バルトを紹介したDVDディスクが昨年12月に新教出版社から発売されました。『カール・バルトの愛と神学』というタイトルのDVDディスクで、カール・バルトの神学と生涯を映像と関係者らの証言等で構成し、紹介したものです。カール・バルトがDVDで紹介される時代になったわけで、情報化社会と科学技術の進歩に驚かされますが、カール・バルトの生の声や映像等に触れることも出来ます。

同じ昨年12月に「ATD旧約聖書註解双書」の翻訳出版が『ATD旧約聖書註解4 民数記』の出版によって完結しました。このシリーズは、そもそもはドイツ語で記された旧約聖書の註解書のシリーズで、1949年にその出版が開始されました。既に1973年から開始された「NTD新約聖書註解双書」の翻訳は1980年に終了していますが、こちらは第一次世界大戦後にドイツで出版が開始され、「ATD旧約聖書註解双書」同様、何度か内容が改訂されています。「ATD旧約聖書註解双書」の翻訳は1980年に開始されたそうで、「NTD新約聖書註解双書」と共に、今まで自らが仕えてきた、また仕えている教会・伝道所等での礼拝説教や聖書研究等の際に用いてきましたが、国内で聖書を読む人の中で、プロテスタント教会の牧師を始めとして様々な人々が用いてきた註解書シリーズの一つです。現在、既に聖書についての新しい研究がなされたこともあり、様々な註解書が翻訳され、また執筆されて出版されていますが、このATDNTDの註解刊行会38年間の翻訳作業に感謝したいと思います。

2月11日はキリスト教会の暦では「信教の自由を守る日」です。それで、この日には地区で二つの集会を行いました。一つは北西地区社会委員会主催で講師に坂口聖子氏(日本基督教団宮古島教会牧師)をお招きしての午前の集会です。教会の礼拝形式で行われました。講演では自衛隊基地問題を抱え込んでいる現場でのキリストにある平和を求めての取組みを聞くことが出来、良い刺激と学びの時となりました。もう一つは午後に文化施設で行われた他の団体との共催での集会です。同じ講師により。沖縄の宮古島で、危険、かつ健康被害等、様々な意味で悪い影響を与える自衛隊軍事基地の建設に日本政府が躍起になっていることが話され、それまではそうでなかった場が軍民両用の場にされたり、憲法上、保障されるべき宗教的な場、自然環境、生活資源、平和がつぶされたりしてしまっている現状であるということで、これに対する取り組みを他人事としないことを思わされました。

昨日4月1日(月)に新しい「元号」が発表されましたが、これは天皇代替わりに伴い「元号」が変わるということです。そもそも「元号」は中国で使われていたものだそうで、現在、中国では使われていません。多くの国ではやはり「西暦」が用いられているようです。

今から七十年前の第二次世界大戦終結によって、「昭和天皇」が「人間宣言」を行い、天皇自らが自分は神ではないとし、戦後、「日本国憲法」によって民主主義の時代が始まりました。しばしばキリスト教会が「天皇制(天皇を中心して国の制度を整えるということ)」を批判する理由は、例えば、「大嘗祭」が「日本国憲法」に抵触するのではないかという問いがあること等以外では、かつての第二次世界大戦に関わりのある日本の国家としての政策(宮城遥拝や神社参拝の強制、キリスト教会で戦争を讃美する礼拝を強制したこと)との兼ね合いでの批判であることは言うまでもありません。それは「信教の自由」の保障とキリスト者の社会倫理として「平和」を重んじるということです。

3月17日(日)には教区主催の「東日本大震災八年を覚える礼拝」が地区の教会で行われ、これに出席し、そこで語られた説教により八年前の出来事を想い起しつつ、聖書に基づいて今を生きることについて考えをめぐらしました。

東日本大震災による福島第一原発放射能事故のために福島県の一部の地域の方は他県に避難しなければならなくなったわけですが、避難解除された地域に戻って来て居住する方々が様々な苦しみや課題を抱え込んでおられ、あの大震災から八年経ちましたが、キリスト者(クリスチャン)としては「仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク(東北ヘルプ)」等の働きにもありますように、祈りに覚える必要があることを思わされます。

それで福島第一原発放射能事故のために日本各地に避難した人々が訴訟を起こしていますが、2月から3月にかけて立て続けに裁判が行われ国や東京電力に対する判決が下され、その多くは避難した人々に賠償を求める判決になっていますが、中には避難した人々側が敗訴する裁判もあることを覚える必要があります。

最近、世界規模で海に漂う「微細プラスチック破片」(海洋マイクロプラスチック)が問題となっています。海の中の生物による食物連鎖を通して、最終的には人体にも入っていることが報告されています。つまり、最初は、海に漂う比較的、大きめのプラスチックのゴミにすぎないものが、強い波や太陽光線等によって細かく砕かれ、海の中の「微細プラスチック」破片となり、それを小さな生き物が餌と間違えて吸収し、それを小魚が吸収し、さらにそれを大きな魚介類が食べ、最終的に鳥類やオットセイ等の哺乳動物や人がそれを食することで体内に入り、汚染が広がっているというのです。旧約聖書の創世記に基づくキリスト教社会倫理における「保全」という観点から自然を守らなければならないことを考えさせられます。

今は「受難節」ですが、4月21日(日)には「イースター(復活日)」が到来します。(「イースター(復活日)」については雑記帳の「2012年4月30日(月)」の項目を参照)です。これは主イエスの死からの甦り(復活)を記念し、これを喜びお祝いするためにキリスト教会で礼拝を行う時です。今、藤崎教会は、昨年が「藤崎伝道開始145年」の年であったこともあり、「藤崎伝道開始150年」に向けての歩みを続けています。この地域にあっての確かな伝道を行っていくということです。そのために、この教会の信徒だけでなく、北西地区や奥羽教区、教区外、町の人々からも協力を得て、行われています。

今年の冬も「雪かき」に励みました。時にはマイナス10度の中を雪かきすることもありますが、津軽では、今週、本格的な春の暖かさが到来するようで、津軽では年によってはゴールデン・ウィーク当たりでも雪が降る年もあります。逆に雪が少ないと、農作物に良くない影響が出ます。ちなみに、今年、青森県の観測地点で最も深く雪が積もった青森市酸ヶ湯では2月に積雪の深さが439cmを記録したそうです(「気象庁のホームページ」〈http://www.jma.go.jp/jma/〉)。4月から八甲田の一部では「雪の回廊」も登場します。

今年度も主なる神の恵みと祝福がありますように。

 

もどる   前のページへ