雑記帳(]Z)

 

川上純平         2022・9・29〜

 

 

2022年9月29日(木)〈10月7日(金)に一部付加訂正〉

 

ここ数ヶ月はロシアによる「ウクライナ侵略」が未だに終わらない事(ロシア人一般市民が徴兵!)やコロナが再び勢いを付けたこと、またさらには安倍元首相射殺事件とそれに関わる旧統一協会と政治家の繋がりの問題及び国葬問題(憲法違反等)、大型台風による日本各地での被害等、心の中は教会での務めと合わせて息をつく暇もない忙しさの中にあり、また日本と世界の多くの人々の悲しみと戸惑い、不安を自らの事のように思いつつ、日々の牧会伝道生活に励んでいます。主なる神に感謝を持って従って歩むキリスト教信仰に生きています。コロナ、そして、間接的な形でのウクライナ問題に苦しむ方々、台風被害に遭われた方々にお見舞い申し上げ、またお悔やみ申し上げます。

今年5月15日は沖縄が本土に復帰して五十年の記念すべき日であると同時に、この五十年間以前からの様々な意味での沖縄県の米軍基地問題を始めとする戦後処理の問題やさらにそれに伴う沖縄県の人々の生活上の問題、環境破壊問題等を考えさせられる五十年間であることを思わされる日でもありました。沖縄は単なる観光・リゾート地、トロピカル・フルーツや砂糖生産だけでない他の産業があることや、戦後の米軍基地と沖縄の人々の生活、そもそも沖縄県の歴史それ自体に対して沖縄県民以外の人々はどのように理解しておられるかも重要であるわけです。この点での理解が重要です。私も今までに二回ほど沖縄に赴きましたが、やはり南部戦跡やそれ以外の第二次世界大戦の戦跡、また極めて危険な米軍基地が酷いやり方で建設されようとしている辺野古、美ら海水族館、オキナワ・フルーツランド等を見学させて頂いたに過ぎません。他には書籍で得た知識や研修会でお話をお聞きしたりした程度ですが、特に沖縄戦がいかに酷いものであったのかを覚えます。絶滅寸前の「ジュゴン」はもはや直接、沖縄で見ることは出来ず、三重県の鳥羽にある水族館で見たに過ぎません。辺野古米軍基地建設で沖縄の多様な生物層は将来、一体どうなってしまうのでしょうか。南西諸島等の基地建設問題もあります。沖縄は日本基督教団との関係で言うなら、未だに日本基督教団と沖縄教区との関係が様々な意味で課題となっていて、重要であることをつくづく思わされます。

6月25日に同志社大学神学部名誉教授の深田未来生先生が89歳で召天されました(キリスト教ではお亡くなりになることを「召天」と言う)。ご遺族・ご関係者の方々に主なる神の癒しと慰めをお祈りします。深田先生はアメリカ・カリフォルニアでお生まれになり、日本とアメリカでお過ごしになり、ボストン大学神学部、クレアモント神学大学院に学ばれた後に、1960年にメソジスト教会宣教師として来日され、同志社大学神学部で神学教育に携わると同時に、1971年からは日本基督教団上賀茂伝道所で開拓伝道も始められました。西陣労働センター(現在の京都市民福祉センター)館長を勤められ、2004年に退官されました。私も学生時代、授業、ゼミや修士論文副査指導等でお世話になった先生です。私も牧師志望の他の神学生同様、深田先生の「説教学」(実践神学)のゼミで神学生でありながらも礼拝説教を作り、他の神学生の前で説教をさせていただき、指導を受けたことを覚えています。

ところで、旧約聖書に記された「神」、又はキリスト教における「神」は、しばしば一般的に「恐怖」、「恐れるべき存在」と思われていることがありますが、しかし、「畏敬の念を持つ」という漢字を記す時に使われる「畏れる」という言葉があります。これは、昔の日本語で「かしこまる」と記す漢字を使います。ですから、この二つの「おそれる」という言葉は違う意味の言葉なのです。おそらく、これらの事について、世の中では、二つは同じものであるという誤解があるのではないでしょうか。日本の場合、自然と神々が一つになっている「多神教」世界ですから、これは当然かもしれません。しかし、キリスト教のような「一神教」が指し示す世界とは明らかに異なる理解です。それゆえに「神」という言葉を使っても、それらはまるで別のものを表すのです。それで「畏れる」という言葉、これは「かしこまる」と読むわけですが、これは、特に旧約聖書に記された主なる神を畏れるということです。これはキリスト者が礼拝をする時の態度、主なる神を信じる者の態度と関係しています。もし古代イスラエルの人々が自分たちにとってただ恐いものを怖れていて、それを神と呼んでいたとするなら、果たして一神教は存在したでしょうか。

また最近、『キリスト教史(全4巻)』(ウィリストン・ウォーカー著、ヨルダン社)を購入しました。学生時代に初めてこの書籍と出会い、図書館で借りてレポート作成等のために読んだこともある書籍です。これは海外でもキリスト教史の標準的な教科書として一定の評価を得ています。キリスト教通史関係の書籍は幾つか出版されていて、著者の歴史観や思想等によって多少の違いがありますが、このような歴史書には客観的な視点とキリスト教信仰に対する理解が求められることは言うまでもありません。

プロテスタント教会の牧師観とは何かについては幾つかの理解があり、「牧師」は司祭や神父のような「聖職者」ではなく、「教職者」、「教師」とされています。牧師は礼拝を司り、伝道(宣教)を行い、信徒を始めとする人々に配慮する牧会を行い、説教や教育等によって人々を導く者ですが、基本的な立場は救い主である主イエスにおいて現わされ、今も聖霊という形で信仰を持つ者と共に存在する、主なる神に仕える存在です。「牧師」という概念それ自体が宗教改革時代以後に確立したわけですが、聖書を土台として確立した存在でもあります(旧約聖書詩編23編、新約聖書マタイによる福音書18章12−14節、ヨハネによる福音書21章15節、使徒言行録20章28節、コリントの信徒への手紙T14章4節等)。同時に牧師には古くから「清貧」、「質素な生活」、「簡素で飾らない服装」のイメージがありますが、これは現代では変化してきていると言えるのではないでしょうか。牧師という務めは主なる神からその人に与えられた務めであり、聖書と信仰を重視し、「教会と国家」の関係もあり、教会に対してだけでなく、この世に対しても発言する務めを与えられてもいます。

6月17日に11年前の「東日本大震災」による東京電力福島第一原子力発電所事故で各地に避難した人々が国と東京電力に損害賠償を求めた集団訴訟で、最高裁判所は国の責任としない判決を言い渡しました。あの大震災以後の現実における様々な問題はまだまだ終わっていないことが明らかになっていますが、これはその氷山の一角に過ぎません。主なる神による慰めと希望を祈ります。

私が今、牧会している太田八幡教会では長く休会していた「聖書の学びと祈りの集い」、「子どもと大人の合同礼拝」、「教会学校」を再開し、教会公式ホームページも立ち上げました。また「日本基督教団関東教区定期総会」、「日本基督教団総会(9月27日〜29日)」も無事終わり、今、秋と冬の教会諸行事準備の時を過ごしています。

環境破壊による地球温暖化が進み、日本でのサンゴ礁の北限が上昇するのを始めとして、それまでより南の地域でしか見られなかった生き物の北限地帯が北上しています。また台風がさらに巨大に強力になっています。そもそも主なる神による創造は祝福の中にあったこと、人の罪とそこからの救い、またその信仰理解から考えられることを吟味していきたいと思います。皆様に主なる神の守りと祝福を祈り、またコロナウイルス感染とウクライナ侵略両方の完全終息、旧統一協会と政治家の繋がりの問題解決を祈ります。

 

もどる   前のページへ